職場のメンタルヘルス対策を支援するフィスメック

03-3255-3698 / 平日9:00~17:15

お知らせ・新着情報

ご挨拶「創業30周年を迎えて」

2019/10/01

お取引をいただく皆様には、平素より格別のお引き立てを賜り、厚く御礼を申し上げます。

おかげさまで、株式会社フィスメックは、今期30周年を迎える運びとなりました。平成2年7月2日にメンタルヘルス事業(EAP事業)を立ち上げて以来、経営理念の「メンタルヘルス対策を強化する様々なソリューションを提供し、全ての人が幸せに生きることのできる社会の創設に寄与する」ことを愚直に目指して参りました。

ご高尚のとおり、昨今メンタルヘルス不調者・メンタルヘルスが要因の休職者の増加、過労死・精神疾患による自殺などの労災認定の増加、ハラスメントの問題など、働く人の健康管理・疾病に関連する問題は、現代社会で大きな課題となっており、「健康経営の推進」「働き方改革関連法の施行」など取り組みが強化されております。また、少子高齢化による労働力人口の減少のなかでは、一人ひとりが健康で、高い生産性を維持して行くことが一層重要となり、健康な「こころとカラダ」の保持・増進がそれを支えるものと考えております。

私どもは、いち早く47都道府県に、心理カウンセラー(臨床心理士、産業カウンセラー等)と専門医(精神科医・心療内科)のネットワークを構築し、メンタルヘルス不調者をはじめ、特にメンタルヘルスが要因の休職・復職者の個別支援などのコンサルテーション事業に力を入れ、高い技術とプロ意識を持って、お客様とともに問題解決を図って参りました。もちろん、2020年から義務化される「ハラスメント相談窓口」なども、十数年前から携わっており多くの実績を積んでおります。

30年前の創業時は、「うつ病」という病名を公言することが憚られていた時代で、メンタルヘルス事業を行う上で大変困難な時期もございましたが、皆様のお力添えとご支援を頂き、なんとか乗り越えることができました。今この喜びの節目を迎え、あらためて皆様のご厚情に感謝申し上げる次第でございます。これからも社員一同心を一つにして、社業の発展に邁進して参りますので、皆様には一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。                        

 2019年10月1日

代表取締役社長 小出 建