メンタルヘルスのコンサルティング"

メンタルヘルスの専門家が企業の風土・実情に合わせ、メンタルヘルス対策や制度の構築をお手伝い。

  

メンタルヘルス対策 コンサルティング

過労死や過労自殺、こころの病による長期欠勤の増加に対応し、国は労働安全衛生法や指針・通達などを通じて企業に、従業員のこころの健康維持・増進に関するさまざまな努力義務を課しています。
企業は、これに合わせて制度やシステムを構築するとともに、効率的にこれを運用していく必要があります。

 

この分野の専門家ネットワークを有する私たちフィスメックは、皆さまの企業の風土や実情に合わせ、メンタルヘルス対策の立案、社内制度の構築から効率的な運用まで、トータルな視点からコンサルテーションいたします。

組織の健康を「情報」の流れから考える

組織が健康であることを測る尺度はありませんが、健康な組織とは、情報がスムーズに流れ、さまざまなチャンスやリスクに臨機応変に
対応できる組織と考えられるます。 
組織にとって「情報」は、いってみれば人体における血液のようなもの。従業員のモチベーションが下がれば情報は滞りがちになりますし、組織内
の対立から内部で情報が遮断されてしまうと機能不全に陥ります。
 
組織の健康を考えるとき、この「情報」の流れを中心に問題の洗い出しを行うと、改善策が見えてくることが少なくありません。情報の流れが確保
されるような介入は、組織の業績にも影響する重要なものです。

コンサルティングの対象となる主なテーマ

法的問題 法的義務の履行、就業規則等の整備、プライバシー保護、解雇権、損害賠償など。
組織的問題 EAP 導入・定着、こころの健康づくり計画の策定、社内制度・連携体制の整備、教育指導、復職プログラムなど。
人的問題 メンタルヘルス不全者への対応、長時間労働者の面接指導、ストレスマネジメントの実践など。

このページの先頭へ