職場のメンタルヘルス対策を支援するフィスメック

03-3255-3698 / 平日9:00~17:15

サービス紹介

ストレスチェック

「気付き」で予防を促すストレスチェック。 職場の「現状把握」「職場改善施策」を、豊富な実績と経験のあるコンサルタントがサポートいたします。

メンタルヘルス不調者予防に役立つ施策が<ストレス調査・ストレスチェック・組織分析>です。 私たちは、皆様のメンタルへルスの取り組み状況や環境から、最適なストレス調査ツールをご提案いたします。皆様の実施目的を効果的に実現するため、詳細なお打合せのうえ、運用させていただいております。ストレス調査は、個人情報の取扱が重要な事項であり、私たちは、個人情報保護法に則り適切に取り扱わせていただいております。ストレス調査、組織分析をご検討の際には、ぜひご相談ください。
  • 実施目的別に、調査票をお選びいただけます。

  • 受検者に「気づき」を促す個人結果と、相談窓口など外的支援機関の情報を提供いたします。 (1次フォロー)

  • 組織分析により、属性別(部署、種別、性別、年代)のデータを把握できます。

  • 担当コンサルタントが、組織分析結果から、適切な施策を具体的にご提案いたします。

  • オプションにより、組織分析結果をもとに、個別カウンセリング、教育研修の実施が可能です。

  • オプションにより、カウンセリングサービスの併用が可能です。

実施の目的・ご要望に合わせた調査票

商品名 メンタルヘルス& ワークスタイル調査票 職業性ストレス 簡易調査票 新職業性ストレス 簡易調査票 メンタルヘルス& ライフスタイル調査票 ストレスチェック100
ストレスチェック制度に対応している ×
セルフチェック重視(個人フィードバックあり)
組織分析を重視(報告書あり)
チェック後に個別にフォローアップをしたい
チェック後に職場改善を検討したい
チェック後に結果に基づく教育・研修をしたい
分析結果から職場別に改善をしたい
コストを抑えたい
PC(WEB)を使ってチェックしたい ×
職場別のストレス度合いを把握したい
職場別のストレス要因を把握したい ×
既存の相談窓口等を告知したい(オプション)

効果とメリット

  • 個人のストレス状況の確認(ストレスへの気づきの機会創出)と早期対応のきっかけを提供できます。
  • ストレスチェックから、既存の取り組み施策(相談窓口の勧奨、研修産業医等の産業保健スタッフ)との連携も図ることができます。
  • 「心の健康状態」の他「職場のストレス要因」等のデータから個人と、組織の課題等が把握できます。
  • 調査結果を予防対策に結びつけるためのコンサルテーションを実施し、ご予算とご要望に応じて予防対策の立案・実施をサポートします。

実施結果開示

  • ストレスチェック制度に併せた運用。実施者(産業医や産業保健スタッフ等)に対しての情報提供は、帳票やデータでご提供いたします。
  • 高ストレス判定基準は、貴社で設定したものに準じた対応が可能です。

運用の流れ

調査ツールのご紹介

メンタルヘルス&ワークスタイル調査票(標準版)

新職業性ストレス簡易調査票に準拠しています。 9つの領域について、全国平均との比較が可能。 さらに、弊社独自の抑うつ尺度(こころの健康度)を加えた多軸的な調査票です。
メンタルヘルス&ワークスタイル調査票(標準版)の特長
  • 新職業性ストレス簡易調査票に準拠。
  • 弊社独自の抑うつ尺度(こころの健康度)が測定できます。
  • 9つの領域の測定および全国平均との比較ができます。(測定領域)
  • 仕事の負担、仕事の資源(作業レベル)、仕事の資源(部署レベル)、仕事の事業場レベル、いきいきアウトカム、心身の健康、職場のハラスメント、満足度、仕事のパフォーマンス
  • ストレスの反応だけではなく、仕事上のストレス要因、ストレス反応、および修飾要因が同時に測定できる多軸的な調査票です。
  • ストレス反応では、心理的反応ばかりでなく身体的反応(身体愁訴)も測定できます。
  • 心理的ストレス反応では、ネガティブな反応ばかりでなく、ポジティブな反応も評価できます。
  • あらゆる業種の職場で使用できます。全国平均との比較が可能です。
  • 個人宛のフィードバックに総合コメント、個別にアドバイスが表記されます。
  • 独自アンケート項目を追加することができます。
設問数:
158問
仕様:
マークシート方式 or WEB方式
実施時間:
25分程度
組織分析:
部署、年代、性別、役職、職種等集計組織可能 (詳細はご相談承ります。)

職業性ストレス簡易調査票

職業性ストレス簡易調査票に準拠しています。本調査票は、ストレスの反応だけではなく、仕事上のストレス要因、ストレス反応、および修飾要因が同時に測定できる、多軸的な調査票です。 ※職業性ストレス簡易調査票は、平成 7~11 年度労働省委託研究「作業関連疾患の予防に関する研究」のストレス測定グループの研究成果です。
職業性ストレス簡易調査票の特長
  • ストレス反応は、心理的反応ばかりでなく身体的反応(身体愁訴)が測定できます。
  • 心理的ストレス反応では、ネガティブな反応ばかりでなく、ポジティブな反応も評価できます。
  • あらゆる業種の職場で使用できます。全国平均との比較が可能です。
  • 個人宛のフィードバックに総合コメント、個別にアドバイスが表記されます。
  • 組織分析は部署別の比較も可能です。
設問数:
57問
仕様:
マークシート方式 or WEB方式
実施時間:
10分程度
組織分析:
部署、年代、性別、役職、職種等集計組織可能(詳細はご相談承ります。)
実績:
累計件数 100万件以上(2017年時点)

新職業性ストレス簡易調査票

新職業性ストレス簡易調査票に準拠しています。現行版の職業性ストレス簡易調査票20尺度に、22の新しい尺度を追加することで、これらのより広い職場の心理社会的要因、特に部署や事業場レベルでの仕事の資源および労働者の仕事へのポジティブな関わりを測定できます。 新職業性ストレス簡易調査票は、平成21-23年度厚生労働科学研究費補助金「労働者のメンタルヘルス不調の第一次予防の浸透手法に関する調査研究」の研究成果です。
新職業性ストレス簡易調査票の特長
  • ストレス反応は、心理的反応ばかりでなく身体的反応(身体愁訴)が測定できます。
  • 心理的ストレス反応では、ネガティブな反応ばかりでなく、ポジティブな反応も評価できます。
  • あらゆる業種の職場で使用できます。全国平均との比較が可能です。
  • 個人宛のフィードバックに総合コメント、個別にアドバイスが表記されます。
  • 組織分析は部署別の比較も可能です。
  • 仕事の負担に関して情緒的負担や役割葛藤が測定できます。
  • 仕事の意義、役割明確さ、成長の機会、仕事の報酬、上司のリーダーシップ、経営層との信頼関係、人事評価の公正さ、個人の尊重など、職場環境要因をより広く測定できます。
  • 労働者の仕事へのポジティブな関わり(ワーク・エンゲイジメント)、職場の一体感(職場のソーシャルキャピタル)、職場のハラスメントが測定可能です。
設問数:
80問
仕様:
マークシート方式 or WEB方式
実施時間:
10分程度
組織分析:
部署、年代、性別、役職、職種等集計組織可能(詳細はご相談承ります。)

メンタルヘルス&ライフスタイル調査票 (Mental Health & Life style Inventory)略称 MALI

独自の抑うつ尺度(こころの健康度)、職業性ストレス簡易調査票から、職場のストレス要因、周囲のサポート、生活習慣、睡眠障害等の8つの領域について、個人・組織分析をおこなえます。 ※職業性ストレス簡易調査票(厚生労働省委託研究「作業関連疾患の予防に関する研究」のストレス測定グループの成果物)を基礎として、監修・協力いただいた専門医とともに作成した独自の調査票です。
メンタルヘルス&ライフスタイル調査票の特長
  • こころの健康度と生活習慣を把握できます。
  • こころの健康度、職場のストレス要因、周囲のサポート、生活習慣、睡眠、飲酒、喫煙、頭痛を測定できます。
  • 職業性ストレス簡易調査票の一部を収載し、ストレス判定図が組織分析にフィードバックされます。
  • 他社平均との比較が可能です。
  • あらゆる業種の職場で使用できます。
  • 個人宛のフィードバックは個別にアドバイスが表記されます。
  • 組織分析は部署別の比較も可能です。
設問数:
115問
仕様:
マークシート方式 or WEB方式
実施時間:
15分程度
組織分析:
部署、年代、性別、役職、職種等集計組織可能(詳細はご相談承ります。)
実績:
累計件数 20万件以上(2017年時点)
監修:
日本保健医療大学 保健医療学部看護学科教授池田 智子
産業医科大学 産業保健学部教授中田 光紀
臨床心理士北村 尚人

 
制作協力:
認定産業医(精神科医)岩本 典彦
認定産業医(精神科医)廣澤 郁子

 

ストレスチェック100

抑うつ尺度(あなたのストレス度)、ストレス症に罹りやすい傾向、エゴグラムの3項目を個人分析し、あなたのストレス度、ストレス症に罹りやすい傾向で組織分析をおこなえます。
特長
  • ストレス度に加え、エゴグラムで性格傾向を把握
  • 抑うつ尺度(あなたのストレス度)、ストレス症に罹りやすい傾向、エゴグラムの3項目の組織分析ができます。
  • セルフチェックとして最適。
  • あらゆる業種の職場で使用できます。
  • 個人宛のフィードバックは総合アドバイスが表記されます。
  • 組織分析は部署別の比較も可能です。
  • 他社平均との比較(10万件以上の実績)が可能です。
設問数:
100問
仕様:
マークシート方式
実施時間:
15分程度
組織分析:
部署、年代、性別、役職、職種等集計組織可能(詳細はご相談承ります。)
実績:
累計件数 10万件以上(2017年時点)
監修:
赤坂診療所 所長渡辺 登

お客様の

委託ご担当者
  • 予想していた状況が、数値で改めてハッキリでると、職場への介入がしやすい。
  • 調査後のフォローがしっかりできる業者で良かった。
  • 社内の状況把握、社員のセルフケアとしての試みとして、毎年定期で実施したい。
  • 産業医とも連携を図るデータを提供できるので、早期対応に役立った。
  • 個人情報保護体制がきちんとしている業者で良かった。
  • 初めて担当になったが、実施に至るまでのサポートがしっかりしていて助かった。
  • ストレスチェック制度に安心して対応できて助かった。