うつ病の有病率

このグラフのデータは、うつ病(Depressive disorders)を持つ人々の割合を、診断を受けているかどうかに関係なく、代表的な調査、医療データ、統計モデリングに基づいて推定したものです。投稿日時点の2019年推定データで解説しているので、最新の推定データと異なる場合があります。

うつ病(Depressive disorders)の有病率が高い国

世界的に見ると、うつ病の有病率が最も高いのはウガンダで、6.6%となっています。

ウガンダ6.6%
パレスチナ6.2%
中央アフリカ共和国5.9%
グリーンランド5.8%
アンゴラ5.7%
赤道ギニア5.7%
うつ病の有病率が高い国

うつ病(Depressive disorders)の有病率が低い国

世界的に見ると、うつ病の有病率が最も低いのはブルネイで、1.6%となっています。日本もかなり少ないほうです。

ブルネイ1.6%
シンガポール2.0%
韓国2.1%
日本2.1%
ミャンマー2.2%
ペルー2.2%
コロンビア2.2%
うつ病の有病率が低い国