統合失調症の有病率

このグラフのデータは、過去1年以内に統合失調症(Schizophrenia)を患った人々の割合を、診断を受けているかどうかに関係なく、代表的な調査、医療データ、統計モデリングに基づいて推定したものです。2019年のデータで解説します。

統合失調症(Schizophrenia)の有病率が高い国

世界的に見ると、統合失調症の有病率が最も高いのはアメリカで、0.43%となっています。日本は0.30%で、多いほうに属しています。

アメリカ0.43%
オーストラリア0.39%
ニュージーランド0.39%
グリーンランド0.38%
オランダ0.37%
統合失調症の有病率が高い国

統合失調症(Schizophrenia)の有病率が低い国

世界的に見ると、統合失調症の有病率が最も低いのはソマリアと中央アフリカ共和国で、0.19%となっています。

ソマリア0.19%
中央アフリカ共和国0.19%
統合失調症の有病率が低い国