ストレスチェックと外部EAP機関を使って職場環境を改善しよう

改善にはまず把握が必要

2015年12月にストレスチェック制度が施行されてから、多くの企業様が、年に一度、従業員のためにストレスチェックを実施していると思います。ストレスチェックを行うことで、従業員は自身のストレス状態を把握し、ストレスの要因となりうる出来事や周囲のサポート体制などを振り返るきっかけとなっています。これはセルフケアの一環として活用されるものです。

では、そもそも、従業員のストレスに影響を与える要因について考えてみましょう。 ストレスの要因は人それぞれですが、「健康的に働いていく」ということを考えると、個人の問題だけとは言えません。

従業員のストレスを軽減させるためには、ストレスの状態を左右する職場環境にも目を向ける必要があります。ストレスチェックの個人結果を職場(部署)ごとに分析することで、「個人のストレス」だけでなく、「職場(部署)のストレス」の傾向を図ることが出来るのです。職場(部署)のストレス状態を把握することは、個人のストレス状態の改善に繋がる一歩ともなります。

職場環境を把握するために集団分析を実施しよう

ストレスチェックの結果には、職場環境の改善に繋がるヒントがたくさん詰まっています。集団分析により、職場全体の結果や部署ごとの結果を把握することができます。「職場内のストレス要因」、「従業員の心身のストレス状態」、「サポート状況」が可視化され、課題を見つけやすくなります。職場内の課題が見えることで、改善案、取り組みに必要な事項、取り組みに必要な時間やコストの検討も可能になります。

職場環境を改善するためには、まずは「何が課題となっているのか」を知ることが必要です。そのためには、集団分析の実施が重要なカギとなります。

外部EAP機関を活用しよう

ストレスチェック実施後に集団分析を実施し、会社全体の結果と職場(部署)ごとの分析結果をそれぞれ見ていくと、ストレスの状況が具体化されてきます。その結果をストレスチェック担当部署の方だけが把握するのではなく、各部署の管理職と共有し、課題と改善策を検討していきます。ここで、外部EAP機関の視点が大きな力となります。

外部EAP機関では、集団分析の結果をもとに「職場環境改善研修」、「職場改善研修」などという名前で研修を実施しています。その研修では、管理職の方を集めて、グループワークを行いながら「課題」、「改善案」を検討し、「取り組み目標」を検討していきます。管理職が一人で考えるのではなく、参加者全員の意見をもとに、職場環境の改善に繋がりそうな案を出し合っていくものです。

また、それぞれの課題に合わせて、公認心理師・臨床心理士がアドバイスを行います。外部EAP機関だからこそ、客観的な視点で職場環境改善のアドバイスができるのです。

ストレスチェックの集団分析と外部EAP機関を活用し、職場環境の改善に繋げましょう。