摂食障害の有病率

このグラフのデータは、摂食障害(eating disorders)を持つ人々の割合を、診断を受けているかどうかに関係なく、代表的な調査、医療データ、統計モデリングに基づいて推定したものです。2019年のデータで解説していきます。

摂食障害(eating disorders)の有病率が高い国

世界的にみると、摂食障害の有病率が高いのはオーストラリアで、1.03%です。日本は0.39%で、世界的に見ると比較的高いほうに入ります。

オーストラリア1.03%
モナコ0.87%
ニュージーランド0.60%
スペイン0.59%
ルクセンブルク0.57%
オーストリア0.56%
イタリア0.54%
摂食障害の有病率が高い国

摂食障害(eating disorders)の有病率が低い国

世界的に見ると、摂食障害の有病率が低いのはソマリアで、0.05%です。

ソマリア0.05%
北朝鮮0.07%
ソロモン諸島0.07%
キリバス0.07%
ブルンジ0.07%
中央アフリカ共和国0.07%
コンゴ民主共和国0.07%